nagihara bizarre guitars

GOYA RANGEMASTER  107

c0092591_23521273.jpg


ゴヤは、50年代からニューヨークでギター生産を始め、65年に公開されたあの有名な「サウンドオブミュージック」の中でジュリーアンドリューズがゴヤのギターを弾いたことから急成長したギター屋さんです。

このレンジマスターは、VOXでお馴染みのイタリア・エコー社によって生産されてます。

レンジマスターは,ホローボディ・モデル3機種とソリッドボディ・モデル1機種があり、ホローボディ・モデルは,ダブル・カッタウェイ・ボディにトレモロ・ユニット付きの“MODEL 109”,シングル・カッタウェイ・ボディにトレモロ・ユニット付きの“MODEL 107”と,シングル・カッタウェイ・ボディにトレモロ・ユニットなしの“MODEL 105”あるようです。
ソリッドボディ・モデルは“MODEL 116”が正式名称だが,“レンジマスター・ソリッドボディ”などと呼ばれることが多い。
このギターのユニークな点は、ピックアップで、フロントとリアに,それぞれふたつのシングルコイル・ピックアップを配置しており,プッシュ式のスイッチで,自由に組み合わせることができることです。
フロント1~3弦側とリア4~6弦側を組み合わせることもできるんです。

なかなかお目にかかれないギターですが、この107は、年代の割りにとても状態が良く、すぐにLIVEできるくらい良いコンディションだと思います。

2010,5,9

SOLD OUT!売り切れました。

たくさんのお問合せありがとうございました!

[PR]
by jungnagihara | 2010-05-07 23:52